初心者の参考に、キャンプツーリングの道具紹介

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

気になる他人の道具

真冬でも特攻するというやつを除いて、キャンプシーズンはほぼ終了であるが、ここで筆者のキャンプ道具を紹介しようと思う。

キャンプスタイルは基本的にキャンプ場で寝るだけというスタイル。昨今流行りの焚火だのスキレットだのはやらない、ガーランドだのピクニックセットなどのおしゃキャングッズも持っているのだが荷物になるので持ち出したりはしないというある意味割り切ったスタイルだ。

なぜこのスタイルに行きついたかというと、まず荷物をとにかく減らしたいという点と、最も荷物が増える調理をしなくなったからだ。調理していたころは関係グッズがプラコンテナ1箱分、もしくはバイク用のサイドバッグ1個分ほど占拠していた。

地元の名物を食べ歩くうち、調理する気がなくなったので思い切ってやめてみた。食いっぱぐれたら今ならコンビニがあるので安心だ。

 

キャンプ道具の浦島太郎です

古い道具ばかりであるがキャンプツーリングしたついでに道具の棚卸をしてみた。最後に動画がありますのでご覧ください。そろそろ買い替え時期に来ているものがあるのでまた何か購入したら紹介したいと思う。最近の製品についてはよくわかっていないので研究中。

テント

かつての大ベストセラー、ダンロップツーリングテント

バブル期すごく売れたテント。ツェルト式テントにバックボーンを加えた構造、見た目はツェルトが斜めなった感じ。古座川のキャンプ場で強風にあおられフレームが歪んでしまったが、いちおう使えるので捨てずにとってある。

 

ノースフェイスのテント

フレームが歪んだダンロップテントに嫌気がさし購入。当時日本では売っていなかったものだ。このころからすでに中国製ではあったが、製品の出来は良い。3本のポールをクロスさせるので構造的に強く強風にあおられても耐えられる。酷使のため雨の浸透が目立ってきたのでそろそろ買い替え時か。

新婚旅行時、アンカレジのREIで購入したTNFのテント、3本ポールで頑丈であるが夏用。

寝具

アマゾンで買ったインフレータブルマット

正直安物無名ブランド製。銀マットがイヤになったので枕付きのマットに、それまではタンクバッグや上着を丸めて枕にしていた。

銀マット

春先や高地でキャンプする際、180X180の薄いものをグランドシート代わりに持っていくことがある。

ISUKAの夏用軽量シェラフ

かなり昔、奮発して名古屋栄の登山専門店IBS石井スポーツで購入。もう無くなっただろうと思っていたISUKA自体まだ存続しているので驚きだ。

マッキンレーの3シーズン軽量シェラフ

こちらは倒産する前のコージツで購入したPB商品。3シーズンなので収納時のサイズがどうしても大きくなるのであまり使いたくはない。それでもホムセンシェラフよりはコンパクトだ。

テント、シェラフ、マットはシート下トランクに収納。

 

 

 

その他グッズ

アストロプロダクツのLEDランタン

かつて照明はイワタニプリムスのランタンを使っていたのだが、熱くなりすぎるのでテント内で使えないことと、ホヤ、ガラスに気を付けなくてはならないのでイヤになってしまった。サブで昔ながらの折り畳み式キャンドルランタンを使っていた。いずれもテント外での使用。テント内は電池式のヘッドライトと当時大流行のミニマグライト。

これがLEDランタン1台にまとまったので非常に重宝していたが、今回西日本ツーリングに出かける際紛失に気付く。あわててアストロに買いに行ったらすでの絶版、残念だが次のを探そう。

アストロプロダクツのガレージライト

こちらもアストロプロダクツのガレージ作業用LEDライト。広範囲を照らせるのでキャンプ場に暗くなってから着いた時のテント設営などに活躍中。

折り畳みイス

テント前でくつろぐときに使用。すぐ壊れるような代物なので3年ぐらいで買い替えだ。フレームが壊れるというよりは、紫外線や加水分解で糸や布が傷み崩壊するパターン。

 

調理関係

最後にいまではやらなくなったキャンプ調理に使っていた道具を紹介。

岩谷プリムスのバーナー

もう持ち出すことはないのだが、プリムスをずっと使用。その前はエスビットのポケットストーブを使っていたがあまりにも火力がないため、ガス式にした覚えがある。当時ホワイトガソリンのものが至高であったが、面倒くさくて除外。

ランタンもあるが、手間を考えると電池式のものをいつしか使うようになった。ランタンガラスは2回割った(笑)

ラパラのフィッシングナイフ

釣具屋で激安購入したもの。これが切れ味に加え刃渡りも大きく一番調理に使いやすい。

オピネルナイフ

フランスの良心、オピネルナイフ。今買うと意外と高いんだ。買った当初は数百円だったぞ

コッヘル

ボコボコになったうえ変色した国産エバーニューのコッヘル。学生のころから使っているので30年以上経過している。

その他

元祖シェラカップ、アルミ製の折り畳み風防、防水マッチ、コンパクトまな板、ミニヤカンなどなど。そろえたはいいが使わなくなったものが多い。

 

バイクキャンプツーリング 道具の紹介 20170514 My camping equipments

コメント

タイトルとURLをコピーしました