西日本ツーリング13日目 福岡県久留米市から福岡市博多へ

発心公園のふもと、草野宿

昨晩は暗かったのでよくわからなかったのだが、この発心公園、夏目漱石にゆかりがあるなど由緒正しい公園なのだ。

テントを撤収してふもとの集落に降りてみると、朝になって古い建物が残る街道の全容が明らかに。出発してすぐに道草となってしまった。

 

超巨大観音に地獄めぐり、久留米成田山

久留米市街に戻り、マクドでモーニング、草野宿で道草をしてしまったが、本日の最初の目的地、久留米の成田山へ。参道脇の道を上り幼稚園のある裏手にバイクを停めお参りだ。巨大観音のあるエリアはまだ開園前なのでしばらく時間をつぶす。

そして一番乗りで入場、といっても自分一人しかいないが、さっそくネタ探しだ。

順路に沿って巨大観音の内部へ、この施設、冷房はないので午前9時過ぎというのにかなり暑い。観音像の頭のあたりまで階段が続き、小さな窓から久留米の景色を覗く展望台みたいになっているが、窓というより空気穴レベルなので期待しないように。そしてエレベーターは無し、ひたすら上り下りとなる。

観音像の次は地下道になっている部分を通り、地獄めぐりだ。地下道に宗教画が飾ってあるので癒されてほしい。この地獄めぐりが作り物感満載でどう反応したらいいか悩んでしまう。

そして最後は仏舎利塔だ。この塔だけ撮影すると東南アジアの寺院に見えるw

福岡と北九州を取り違えていた

さて、18:00頃、博多で人と会うので北九州へ向かう。11:30頃、福岡に到着、博多駅の標識を見て失神。そう、北九州に博多区があると思いっきり間違えていたのだ。小学校3年の社会科のやり直しだ。

半日時間に余裕ができたので、いろいろガラが悪いとウワサの筑豊方面へ行くことにする。

2chコピペで有名な田川へ

Deep 案内に従い田川の後藤寺銀天街という商店街を見に行くことにする、途中なぜか高校同窓会の捨て看板が多数街道筋に出ていた。これなら地元にいる奴なら必ず目に入るので確実だ、他の地域では見たことないが。

後藤寺駅の駐輪場にバイクを停め、後藤寺銀天街の散策へ、犯罪者更生を促すポスターなどやはりガラは悪そうが、実際のところお年寄りばかりで若者や働き盛りの人の姿は見かけない。

昼飯時を逃してしまったので駅前の食堂に入る、オールドスクールでローカルな店だ。丸天うどんと野菜の煮物をいただく、丸天が謎だったのだが、丸いはんぺんのことであった。

 

もち吉本拠地、直方

さて、これから博多に戻るのだが、来た道を帰るだけでは芸がないので、直方経由とする。これが筆者のジャスティスw、もちろんDeep案内に寂れた商店街の記事があったからだ。

直方市街地に入る前に、チェーン店のもち吉本店を発見、裏手には本社工場もあるようだ。向上の方に行くとなんとお餅の神社まである。「餅を愛し餅に生きる」のスローガンは本物のようだ。

直方市内の商店街と古い町並みを散歩して時間をつぶす。一部古い町並みは舗装工事のやり直しをしていたのでリノベーションされキレイな街並みになるのだろう。

博多へ、ツイッターのフォロワーさんと会う

バイクツーリングでの苦痛は大都市の通過と滞在だ。まずはバイクを停められる駐輪場が近くにあるかどうか、今回は駅近く線路沿いの有料駐輪場を利用、ここからゲストハウスまで1㎞ほど歩く。

今回宿泊するゲストハウスはキャナルシティ博多の裏手にあるので、場所の利便性はよい。1そしてかなり意識高い系wのゲストハウス、今回の旅でもっともオシャレな佇まいであった。

いつも筆者のツイッターを応援してくれている中国人の方と会い、いろいろお話をした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。