瀬戸市に異空間!サブカル系カフェ「VOUSHO Coffee Factory」

なぜか嫁がショップカードを持っていた

居間のTVの前に見慣れない名刺というかショップカードがしばらく放置してあり、何なんだと思い手に取ってみたら、コーヒー屋のショップカードであった。コーヒー屋にしてはなんかデスメタル系のアルバムカバーみたいな絵面のショップカードなので嫁に聞いてみたら、サブカル系の喫茶兼コーヒー豆店ということであった。

やたら農園や産地にこだわるスペシャリティコーヒー店とも、女性向け、古い言葉で言えばスイーツ(笑)向けの店とも違うようなので行ってみることにした。そもそもマイルドヤンキーの巣窟瀬戸市で商売が成り立つのだろうか?

ここはまったく瀬戸らしくない

「VOUSHO Coffee Factory」は筆者の自宅からクルマで数分の旧市街地ハズレにある。目印はNTTの古いビルだ。そのわき道を墓場の方に入っていくとお店はある。駐車場が狭いので、もし天気が良ければ、公営の宮川駐車場の上の和菓子屋のある方に停めれば歩いて5分ほどの場所である。ついでに寂れた銀座通り商店街、末広町商店街をぶらつきサブカル気分を補充することもできる。

何気なくオーナー様に尋ねたところ、調度品はすべて長い時間をかけてオーナー様自身が収集したものだそうだ。

まずは筆者もかつて収集していたカメラ、オリンパスのPENシリーズとポラロイドのSXが多数展示されている。書籍も多数美術書をはじめカフェの定番、寺山修司や村上春樹が鎮座。残念ながら筆者の大好きなポンコツ系のサブカル本はなかった。なので大人のサブカルカフェといった趣だ。細かい部分ではそこかしこにミニチュアの模型が飾られている。うちにあるオリベッティの同じタイプライターがあるのは笑った。筆者の趣味に近いものがある。オリベッティのタイプライターは娘に奪われたが(笑)。

もともと倉庫のような作りなので天井は高い、その高さを生かして2階にはイベントスペースがあり、写真展や絵画展のような展示も可能だ。この時は絵画の展覧会が開催されていた。

コーヒーは500円から、わりと客層を選別しているため、静かで落ち着く店なので行きつけにしようかな。

それにしても、田舎の瀬戸市に突然現れた異空間。もっと田舎の土岐や串原でオシャレなカフェがあるのだが、いずれも自然派とかリンネル系の女性向けカフェなので、こういった都市中心部にありそうなカフェは貴重だ。栄や覚王山に出向かなくても済む。

オーナー様が集めた様々なグッズ

ビンテージMacコレクション

この手の電話機は初めて見た

階段を上がればイベントスペース

ブラジルコーヒー

嫁が頼んだ謎ドリンク

オーナー様に再訪を約束

のんびり嫁と1時間ほど過ごし、ついでに自己紹介代わりに本の宣伝を兼ね無理矢理名刺を置いてきた(笑)。面白がってもらえそうなので自己紹介してよかった。

やはり行きつけの喫茶店があるとそこから人のつながりが生まれたりするので皆さんも顔パスできるぐらいの行きつけを持ってみてはいかがだろうか?

場所は狭い路地の住宅街、公営宮川駐車場はこの地図上でいうと新世紀工芸館の右

再び訪問

前回は大雨の中の訪問であったので、エクステリアの写真なしであった。

入り口にはオーナー様のものと思われる古いルノーとミラウォークスルーバンが今回も停車中だ。ミラウォークスルーバンは筆者の学生のころからのあこがれのクルマ。今となっては生産していないのが惜しい、トヨタのアレはデカすぎる。

前回ストレートコーヒーを注文したのだが、ブレンドもあるとのことなので試してみた。価格はストレートと同じく500円。あと前段で書き忘れたのだが、コメダの豆同様、コーヒーには手作りと思われるクッキーがオマケで付きます。

   

そして3度目の訪問

スーパーに食品を買い出しに行く前に、また訪問した。平日といえど、お客さんもちらほら。本日は入り口近くの大テーブルの端に陣取り、ブレンドコーヒーを注文。

今回はオーナー様に古い90年代名古屋のアングラカルチャーの雑誌を見せてもらった。オーナー様と話も合うので、ここまできたらもう行きつけにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。