美杉トラック市、ビンテージ商用車大集合!に行きました

スポンサーリンク
お出掛け・ライフログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

美杉トラック市、ビンテージ商用車大集合!

スポンサーリンク

じつは昭和の商用車を入手

知り合いからダイハツのミラを譲り受けた。ミラといってもギリ昭和、550CC 時代のEBエンジンキャブ仕様、しかも希少なウォークスルーバンだ。3月に引き上げ、車検を通すため馴染みのモータースへ入庫。いろいろ観てもらったところかなりの重傷でけっこう車検通すだけでも大変そうだ。現在クラッチケーブルが欠品中で入院が長引きそうなのだ。場合によっては解体屋の野ざらし車両から外さなくてはならない。

三重県で毎年こういう古い商用車のイベントがあると知り、カスタムの勉強がてらバイクで出かけてみた。

朝8時、自宅発。東名阪から伊勢道に入り、一志嬉野インターで降りる。このインターで降りるのは初めてだ。県道をいくつもパスし、名松線沿いに会場である八知へ。会場が近づくに従い、あらゆるジャンルのビンテージカーが現れ目の保養となる。

駐車場からしてすでに展示場

こういったカーイベントとなると集まってくるクルマもかなり変なのが多い。停めた駐車場に偶然珍しいアルトのウォークスルーバンを発見。軽のウォークスルーバン系列で見つけたのはこの1台だけ、サニトラやステップバンよりも少ないのに苦笑。

そのほか、周囲の駐車所にはいろいろな珍しいクルマが多数。カッコよくカスタムされた古いセダンなんかもいて目の保養となった。

ビンテージ商用車大集合!にぎわう会場

商用車ということで、カスタム方向がてんでバラバラ。忠実にレストアしたもの、ヤレたまま動態保存、さらにはラットなエージング加工、トラッキン、日本独自のデコトラなど通常のカーミーティングと違い多様なクルマが参加している。

キャブオーバー型のピックアップや古い小型車が好きなので、個人的最優秀賞はラット仕様のハイラックス。

帰りは名張、伊賀上野方面を経由、途中ゴルフカートのきかんしゃトーマスカスタムで脱力し、遅めのお昼は天理ラーメンへ。名張は三重県だが奈良県に隣接し、近鉄により大阪への通勤圏である。

伊賀上野をパスし、そのままもう一つの忍者の里甲賀市へ。古い町並みでもないかとうろうろしたが、道に迷ったため、そのまま甲賀土山インターより第二名神に乗り帰宅の途に就く。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました