西日本ツーリング16日目 島根県松江市から岡山県英田郡西粟倉村へ

まずはモーニングチンポ、珍宝石さん

まだ、雲は重いが、明け方まで降り続いた雨は上がりそうである、天気予報もそういってるし。温泉宿なので起きぬけに朝風呂を浴び、1時間ほど支度をしたのち出発だ。

まずは玉造温泉のすぐ奥にある「珍宝石さん」へ、その名の通りチンポを祀った小さな祠があるという。

峠道を少し上ったところに鳥居を発見、標識のモニュメントは立派なんだが、道路わきの隠れたところにこじんまりした社である。肝心の珍宝石さんはあまり目立たなく、代わりに木製の巨大チンポがオッ立っている。巨大といっても1メートルちょっとの高さだ。あとは粗チンサイズの奉納品と思われるチンポがいくつか。

松江市街地の次はまたチンポ、八重垣神社

次に向かった先は松江の市街地である、まずはマクドでモーニング。県庁所在地といえど超マイナー県の島根なので商店街などの崩壊がみられるのではないかと思い街中を探索する。一部岸壁沿いに古臭い建物が中途半端に残っているエリアがあった以外は、意外と繁栄している、さすが県庁所在地だ。

島根県といえば竹島、資料館があったのだが、まだ開館前で中には入れず。そういえば家に『島根県竹島の新研究(1965)』があった気がしたが長年見かけない、処分したかもだ。

有名観光地松江城もあるのに次の目的地は松江のチンポ神社「八重垣神社」だ。普通の神社の一角にチンポを祀った社があるだけなので、愛知の田県神社のようにチンポメインではないので注意。ただし向かいのお土産屋で各種チンポグッズ、チンポ食品を売っているのでお好きな方は是非どうぞ。

  

美保関隕石メテオプラザ

さてお次は、松江から境港方面へ進み美保関にある隕石博物館メテオプラザだ。中海を挟み橋を渡れば鳥取という県境までやってきた。

さっそくメテオプラザに入場、建物の上部は隕石の形となっておりB級臭がプンプン臭う。最初にその隕石ドームの内側に当たるホールでの映像紹介、次に大げさな展示ケースに鎮座する隕石とくる。隕石自体は30㎝もない小さなものだ。残り半分は隕石が直撃した松本さん宅の模型や、穴が開いたタタミ、新聞記事の寄せ集めなど、はっきり言ってどうでもいい展示ばかりである。お土産に元チューリップ財津和夫の歌う美保関隕石のテーマ曲のCDを購入、いまどき8㎝CDだ。おそらくメテオプラザができた当時からの売れ残りであろう。

ヒバゴンをさがしに広島の山の中へ

中海の橋を渡り鳥取県境港市へ、これから山間部に入るのでここで念のため給油。山陰の名峰大山を傍目に見ながら峠道に突入していく。

次の目的はヒバゴンだ、ヒバゴンというのは、池田湖のイッシーと同じ70年代に広島山中で目撃されたという雪男みたいなUMAだ。最後の目撃からなん十年も経ってしまったが、そのヒバゴンが丼になっているという噂を聞きつけ、かつてのヒバゴン出現地庄原市に向かう。

朝からチンポ巡りをしたご利益か、途中にその名も「巨根橋」という橋があるダム湖を通り、道後山までやってきた。ひばごん丼の看板を見つけるが、営業していない。看板の定休日の曜日ではないのだが、もしかして潰れてしまったのだろうか?

庄原市東城で昼飯

ヒバゴン丼に出会えず、道後山から国道314で下界に降っていく、何時間か並走する鉄道、芸備線を観察していたのだが一切汽車を見かけなかった。赤字路線は確実なのだがいったいどうやって経営しているのか謎である。

比較的大きな東城という街まで来たところで昼食とする。古い町並みが残りいい感じだ。橋のたもとの定食屋に入り、うどんとスジ煮を注文する。


ひたすら山の中を走り続け粟倉温泉へ

山の中を走っているうち、いつしか広島県から岡山県に。真庭のあたりでヘンテコキャラ「キリタロー」の大量出没に脱力しつつ、そのほか街道筋の変なオブジェ撮影しながら、とりあえずは津山まで行くことにする。津山といえば例の30人殺しを思い浮かべるので跡地でも見ようかと思ったのだが、津山到着がすでに17時。一旦マクドで宿探しタイムを取る。雲行きが怪しいのでキャンプはあきらめ、ゲストハウス探しをするが、津山市内はゲストハウスなし。結局30㎞程離れた西粟倉村のゲストハウスに決める。

  

ゲストハウスあわくら温泉元湯

ここ西粟倉村は人口1600人ほど。周囲に観光地もなさそうで、こんな辺鄙なところにまでゲストハウスがあるのも驚きだが、ムダにオシャレな造りに驚愕。もともとは村営の温泉施設だったのだが、新しく温泉施設ができたため長年放置されていたものをリノベーションしたものだ。バーラウンジは村の若い衆のたまり場にもなっており、ひっきりなしにお客さんがやってくる、かなりの繁盛である。

夕食は村に何もないのでこちらでパスタを注文。温泉に浸かり、明日の最終日を迎えることにする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。