ベンチバイスを買いました

ガレージ作業のマストアイテム

これもいい加減買わんといかんなぁと思い20年、やっと購入した。今まで地面に踏んづけたり、側溝のグレーチングに突っ込んだりして作業していたのだがようやく普通の作業ができるようになった。いったい今まで何をやっていたのだろうかと反省しきりである、それほど高価なものではないのでサクッとカネで解決すべきアイテムだ。

購入先は毎度のアマゾン、”E-Value (イーバリュー) ホームバイス 回転台付き アンビル付き 100mm”なるホムセンメーカーの製品だ。価格はこの時¥3245、同等品がホームセンターで\5000前後、アストロプロダクツでも\4000で売られているのでお買い得であった。

このベンチバイスを使い、1週間ほど格闘したヤマハギアのフォークトップキャップを見事外すことができた。やはり道具というのは時間を解決するアイテムだなぁと改めて思い、安物でもいいから持っておくべきだと自覚した。もちろん高価な道具はいいに決まっているが、素人メンテナンスであればホムセンメーカーの製品で十分である、安物を買ったところで銭失いにはならないので、なるべく工具類、道具類は今後揃えていこうと思う。これにより少ない休日の時間を有効活用できるというものだ。

購入したモデル

自作ワークベンチに取り付ける

先日制作したワークベンチに取り付けてみる。カーマでM8の長めのボルトを買ってきて、天板に穴をあけたところで固定する。実は先だってバイスの穴をノギスで測りM10ボルトを購入して取り付けようとしたのだが、塗装の厚みもあるのだが微妙に穴が小さいためM8 に変更した。

残念ながら手持ちのドリルビットが6.5mmのものが最大で、一旦貫通した後、無理矢理広げるような形で8mmまでもっていき最後はM8ボルトを叩き込んで穴を広げた。

100mm 回転台付きである、

口はこんな感じ、後方、カナトコがついているのがお分かりだろうか?

ワークベンチをツライチに

先日制作したワークベンチ、いまひとつ収まりが悪く不満ということであったがhttp://returnrider.net/2017/10/15/post-535/

ついでなので天板に2X4のSPF材を一本追加し幅を広げてみた。SPF材の反りがひどく面が荒れているが89mm x 4の356mmでちょうどツライチになった、これで長尺物の切断とか少しはやりやすくなったのではないかと思う。

とりあえず作業場所は広がったのでしばらくこれで様子を見ます。

我ながら、見事ツライチ

ベンチバイスはこの位置に取り付け

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。