嫁と原付ツーリングからのイケア長久手探検

二人一緒の休日、原付でお出かけすることに

バイトに趣味にと忙しい嫁と休日が重なるのは月に2-3回、貴重な時間なので一緒にお出かけとなった。とりあえず近いところで広瀬やなにでも行こうかということにした。

10月とは思えない気温が続くここ数日である、本日の最高気温予想は27度。上着はパーカーで十分であろう。

自宅近くのガソリンスタンドでカブとギアに給油する、バイクへのセルフ給油は初めてなのでコツを教える、クルマのように一気にレバーを握ってドバドバ給油するとタンクの小さい原付などはガソリンが溢れてしまうので気をつけなさい、と言ったものの自分のヤマハギアでガソリンを溢れさせてしまった。

猿投グリーンロードを八草インターから入る、いつも自分のヤマハギアは料金所で排気量を聞かれる。もともとビーノやレッツとかに比べ一まわり大きな車体ではあるが、ラット仕様で意味不明の車両に見えるのだろうか?通行料金は125cc以下の原付であれば猿投区間が20円、中山区間が30円である。

まずは「やな」の説明

北関東や、愛知岐阜あたりでは盛んなやな漁だが、ほかの地方ではあまりないようなので一応説明しておく。

やな漁の対象は秋になると河口目指して降海する鮎、川を下る習性を利用し川をせき止めた巨大な簀の子のようなやなで一気に捕まえようというとても都合のいい漁だ。今風に言えばとても生産性が高い漁といえる。我が愛知県では鮎釣り解禁の6月ぐらいから観光やなの営業が始まり10月2週ぐらいまで多くの人が川遊びとグルメを楽しみにやってくる、前に撮った写真が出てきたので貼っておく。

手前の流れのない三角の部分がせき止められた川、右側の四角いところに魚が打ち揚げられる

ここに魚が打ち揚げられる

まさかの・・・・広瀬やな

西広瀬PAでいったん様子見の休憩をするが、街中と違い信号がないので大丈夫だと仰る。そのまま枝下(しだれ)インターを降り県道11で矢作川沿いを上流に向かい西広瀬の信号交差点を右折する。

ところがである、入り口の様子がおかしく近づくと閉鎖されている、google先生では本日営業中とあったが先週末で今年の営業は終了したようである。はっきり言ってgoogleに騙された感があるがスマホ依存の生活が悪い、腹を立てても仕方ないのでもう少し上流の川口やなを目指すことにする。

まさかの営業終了、来シーズンに再会しましょう

川口やなへ

広瀬やなから数キロ上流の川口やなへ行く、幸いにも営業中であった。とはいえシーズン終了間際なのでお客さんの数は少ない。

こちらでは入り口を入りすぐ受付となり注文をする。フルコースは食いきれそうもないので鮎飯と塩焼きというシンプルメニューにした。

江戸時代元禄年間から続くやな場である

ヘルメットを並べてみた

鮎飯とは鮎のほぐし身の混ぜご飯である

新鮮な塩焼きはスーパーで買った魚と身の剥がれ方が違う

塩焼き美味しかった、自分で焼くなら

戸越峠を往く

二人ともシンプルメニューの昼食となったが五平餅をおやつにするほど物足りないわけではない、瀬戸方面に戻ることとした。上川口の交差点から県道33に入る。藤岡飯野の交差点をショートカットし県道350で猿投山の東のふもとを折平まで進み再び県道33に合流、ドリ珍名所の戸越峠を越える。一時に比べ路肩のタイヤカスも減ったので大規模な取り締まりでもあったのだろうか、とにかくカミナリ族の昔からここは名所である、舗装もきれいになり走りやすくはなっているが皆さん程々に楽しみましょう。

コーヒー休憩に古瀬戸で喫茶店に入る、名古屋系コーヒーチェーンの支留比亜であるが、工場で抽出したコーヒーをポリタンクで店舗に配送し温め直しているコメダと違い、こちらは注文を受けてから豆を挽き抽出しているのでまともなコーヒー店である。他の地方から来られた際は参考にして頂きたい。

名古屋系喫茶店ではおつまみがオマケで付く

イケア長久手に出撃

まだ時間も早いのでどこを廻ろうかとコーヒーを飲みながら作戦を練るが昨日オープンしたイケア長久手に行きたいと仰る、長女はすでに行ってきたそうだ。昨日のツイッターの様子では入場に3時間待ち、大渋滞で名古屋インターから大阪のイケアに行くのと大して変わらんというツイートがバズっていた。

このまま原付で行きヤバそうだったら帰ろうということになり裏道を使ってイケア長久手へ行くことにした。

先日のインドネシア料理店の横を通りイケア長久手の裏に出るが道はがらすきである、駐輪場にバイクを止め、入り口に並ぶが10分もしないうちに入場できた。

とりあえず必要なもの(タンブラーとか電球)だけ購入しただけだが、結果2時間以上滞在したこととなった。会計を終え、名物ホットドッグをおやつに食べ、食材を少し買って外へ出たが、すでに日は暮れ、暗いライトのカブを先導しての帰宅となった。

すぐに入れた、昨日の3時間待ちは何だったのかというぐらい拍子抜け

ガレージと自分の部屋をやり直したいので参考にする

部屋を暗くしたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。