ヤフオクでリトルカブを落札

浜松の本田宗一郎ものづくり会館に展示されている初代スーパーカブ

スクーターはもうあるのでミッション原付が欲しい

ヤマハギアを購入した市内の解体業者をヤフオクのフォローリストに入れ日々観察をしている。こちらの解体業者、出品数も多くだいたいのヤフオク相場からすると状態を考えれば妥当なところであろうかと思う。

というわけで自分のオモチャが欲しいのだが、長男の通学用という名目で毎日ヤフオクを眺めていた。しかしながらDT50が10万円近くするなどミッション50cc原付は解体屋価格といえど高すぎる、マグナキッドのマグナ50も変な改造が施された状態で6万円以上のものばかりだ。定番のモンゴリダックスは変なプレミアがついてもはや庶民のホビーとは言えない状態であるのでカブかヤマハYB系、スズキK系の出物を待つことにした。

割安リトルカブを発見

例の業者が通常より1万円安いスタート価格で出品しているリトルカブをみつける、他に出品しているリトルカブは55000からスタート、ノーマルカブと同じスタート価格だ。塗装されていますと注意書きがあるのでそこが査定を低くしているのだろう。ところが画像を見る限り純正色のようでどこが塗り替えなのかよくわからない。最悪全バラ塗装すればいいのでこの車両を落札することにした。カラーリングから推察するにリトルカブ初代の97-98年モデルであろう。

いちおう長男の通学用という名目なので関係各所の承諾をとり、落札成立、解体業者に引き取りに行くこととなった。

画像の見た目はよかったんですけど・・・

程度がいいのか悪いのかよくわからない状態

嫁のクルマにはそのまま積み込めないのでフロントホイールを外して積載してもらい引き揚げてきた。

エンジンはあっけなく始動し期待外れ、駆動系も問題はないようだ。バッテリーが弱っているらしく灯火類の動きが悪い、バッテリーケースを開け確認するとそこはなんとバッテリーレスであった。ヘルメットホルダーが腐っていて使えない、メインとハンドルロックの鍵が別、ライトのハイロー切り替えスイッチが折れている、ブレーキランプ点きっ放し、スピードメーター不動とちょっとした整備で何とかなりそうな状態であったのでまずは安心していいのだろう。

注意書きにあったような自家塗装がされていた形跡はなかったが、おそらくキャリアにぶら下げていたであろうU字ロックで擦れたリアフェンダーの数箇所が錆になっており、その部分が茶色の塗装のようであった。

まともに使えるように整備を開始

とりあえずはバッテリー、ヘルメットホルダー、カチカチに硬化したエアクリーナージョイント、燃料ホースの交換が必要だ。早く直して長男の通学用に使えるようにしなくては・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。