原付にMTBを積載させるべくトランポ化を計画した

バイクパークによく行くのだ

家から車で15分ぐらいのところに「スラムパーク瀬戸」というモトクロスとMTBダウンヒルのコースを備えたバイクパークがある。経営しているのはオフロードバイク用品の大手商社ダートフリークだ。オープン初年度から通いはじめもう3年になる。

そのためトランポの車はいつもMTB2台と装備、工具、スペアパーツを積んだまま普段使いにも使っていた。ところが・・・・・

トランポを処分

子供の大学進学で家計が火の車、大学生二人、しかも一人は理系でさすがに苦しくなってきたのでクルマを1台削ることになりトランポはサヨウナラとなった。これで年間30万円のコストカットが実現できたのだが、肝心の足がなくなってしまった。

そこで原付でも買ってそれにMTBを積載してバイクパークに行けばいいやと思って物色を始めたのだ。ところがバイク不況もあり新車の値段がムチャクチャ値上がりしとるのにビビる、なんでモンキーが30万円もするんだと憤慨し中古も考え、今まで3台購入したレッドバロンの店長にも相談するが10年落ちのtodayが8万とは中古も高すぎるのでさらに途方に暮れる。同時にどうやってMTBを積載するかいろいろ調査も始めた。昔クルマのルーフキャリアに付けていたサイクルラックもガレージに転がっており脳内設計を開始する。

こういうDIYは外人が得意

なのでyoutubeで外人の制作事例を研究する。

他にもいろいろあったがよく考えてるなぁと感心した。

パターンとしては

  • リアに縦積み
  • リアに横積み
  • リアトップに縦積み
  • サイドに縦積み

ホイールを前後外したとしてリア横積みは幅の関係でつらいのでリア縦積みが最有力かなと考え、またサイド縦積みでサーフボードキャリアにサイクルラックを無理矢理取り付けるプランも考えてみた。

車両選定

条件としては

  • 荷台がしっかりしている

だけ。となるとおのずと選択肢は絞られてくる。

  • ジャイロX
  • ジャイロUP
  • ギア
  • ベンリィ
  • プレスカブ

といったビジネスバイク中心の候補となる。実はもう一案考えていて

  • ジャイロキャノピー
  • キャビーナ

といった屋根付きの後部フレームにMTBを括り付けるプランも検討したのだ。そこで上記車両を購入すべくヤフオクを探し回る、すでに普通のバイク屋で中古購入するということはあきらめた。

ヤフオクを徘徊して1か月、市内の解体業者が大量に出品しているのを発見、運命の車両と出会う。続きは別の記事に書きたいと思います。最後まで読んで下さりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。