バスに乗り夕方の東京下町、散策

行くあてもなくバスに乗る

新橋での打ち合わせ終了後、夜の打ち合わせ時間まで時間が空いたのでまた散策に出かけた。 とはいえ、どこに行くか全く見当がつかないので近くのバス停からバスに乗って行けるとこまで行ってみようと思う。

乗ったバスの路線図を見ると、どうやら豊洲からそちらの方面に行く 路線のようだ。 昔、ビッグサイトの展示会に行く際ユニシス前を通るバス路線に乗ったことがあるので同じ方面に行くことになる。

こうやって行く当てもなくバスに乗るということは、時間に余裕のある時しかできないので、ぜいたくな遊びであると思う。

新橋で発見、昔名古屋の大津通にあったアップルイン

行った先で夕食でもと思ったが

時刻は17時を回ったぐらい。 打ち合わせで頭を使い空腹になったので、適当に下車し、どこかで定食屋に入ろうと思ったのだが、バスの走っている道は工業地帯なのか住宅街なのかよくわからない、周りに全く店舗や飲食店がないような場所を進んでいる。

こんなことなら豊洲で降りてららぽーとで何か食べれば良かった。 枝川という場所を通りかかるが確か東京のディープゾーンだ。焼肉屋でもないのかと思い車窓から見るが、ここも ロードサイドには何もないような場所だ。

木場で降りてみた

木場で降りてブルーボトルコーヒー

マップを見ると近くに 以前噂になったブルーボトルコーヒーがあることが分かった。

木場のバス停で降り、ブルーボトルコーヒーまで下町散策 としゃれこんでみた。 途中、 古い橋が水路にかかっており、いかにも東京下町といった風情を堪能できる。

肝心のブルーボトルコーヒーであるが、気づかずうっかり通り過ぎてしまった。ただ焙煎の匂いだけはしてきたので、振り返るとあのブルーボトルコーヒーの建物があった。

もうちょっとおしゃれな場所かと思ったが、下町の 住宅街と工業地帯が混じったようなエリアで、ここでドヤリングしてもそんなにかっこよくないんじゃないかと思った。 あの騒ぎで振り回され、乗せられた人達は、今一体どこに行っているのであろうか、店はガラガラであった。 西海岸のいつもの味、僕にとって新鮮味のないことが成功の証ではなかったのか(笑)。まぁネスレ買収ということで創業者のイグジットは成功とみていいかもだが。

意識低い系なので夕食はラーメン

清澄白河というエリア、 飲み屋は割とあるのだが普通の定食屋っていうのが意外とない。あっても飲み屋併設で18時から営業とかだ。 しばらくウロウロしてみたら、 地下鉄駅近くの ラーメン屋があったので、ここで夕食とする。 全く意識低い系の食事であるがラーメン自体は結構凝った作りであった。

岐阜、謎の洞窟「九合洞窟」を探検

岐阜県山県市に、謎の洞窟があると聞き、ツーリングがてら探検してきました。九合洞窟といいます、縄文時代あたりから人が住んでいたということで、市の文化財になっていますが完全放置で見学は自己責任となります。その様子を多くの写真とともに記事にしましたのでご覧ください。